妹尾八郎氏の高光産業は、物流業務とIT業務の一歩前を行く

みなさんにもっともっと幸せになっていただきたい・・・、それは、やっぱり、社会が物流に満たされていることなのではないでしょうか。
妹尾八郎氏の高光産業は、一生懸命物流業務がどのようであるべきなのか追求している会社です。そして、妹尾八郎氏の高光産業がみなさん企業に提供するサービスとは、共同物量システムです。

もう、糸が絡まったような物流業務の形態ではもちろんなくなります。企業それぞれがバラバラな考えを持てば、自ずと糸は絡まるものなのではないでしょうか・・・。
妹尾八郎氏の高光産業は、糸を解く・・・、高光産業株式会社は、糸のからまない物流業務の形態を構築してくれました。それは、共同物量システムであり、メーカーバラバラの配送ではなく、メーカーを統括して配送を合理的に行っていきます。

今、私達の現代社会に一番不足している問題といえば、互換性の問題です。本当に互換性のない世界に頭を悩ませている人たちも多くいらっしゃるはずです。
それは、企業企業のエゴイズムより起こっていることなのでしょうか。そうかもしれませんが、企業が取るべき改善策がないと言うのが現状です。企業もそろそろ、このままではいかんと思っているでしょう。しかし、その求めている方法が、なければ策がありません。

メーカーの商品を、総括して、届けることが出来れば、本当に合理的なのにな・・・と思っている人たちも多かったはずです。
やっと、企業のみなさんが求めているものが実現した・・・と言う感じなのです。もちろん、それを実現してくれたのは、妹尾八郎氏の高光産業です。
妹尾八郎氏が物流業務の世界を大きく大きく前進させてくれようとしています。ひょっとしたらまだまだ高光産業株式会社という会社に期待出来ることもあるのではないでしょうか。今後の高光産業株式会社にも、大きな期待が集まっています。後もう一つ何かを、どうしても妹尾八郎氏の高光産業に期待してしまうのも、人間の本能なのでしょうか。

高光産業株式会社には、もっともっと頑張って、私達の社会がスムーズに機能するようにしていただきたいものです。そして、お客様が、世界に生きる人たちが高光産業株式会社のお陰で笑顔になることが出来たと言われるようになりたいと思っています。それは、不可能なことでしょうか・・・。いえ、物流業務、そして、IT業務には、そのような力がそもそも備わっているのです。物流業務と、ITの一歩前を行く、会社の名前をみなさんに覚えていただきたいと思います。

高光産業株式会社
http://www.takamitsu.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る