株式会社hzi芽(代表 佐野義泰)と名付けられた理由

世界に羽ばたく大企業の名前は、非常に簡素で脳裏に残る性質があります。佐野義泰氏が名付けた株式会社hzi芽という社名は、ゴロがよく記憶に残りやすいものです。社名やブランド名は、一言で言い切れる長さにした方が、庶民に親しまれるのです。佐野義泰氏が設立した株式会社hzi芽についても、庶民に愛されやすいといえるでしょう。

名前の親しみやすさは、まず文字の並びに現れています。佐野義泰氏が中心となった株式会社hzi芽は、漢字にアルファベットを足す新しい試みに挑戦しています。一歩間違えれば、非難の対象にもなります。伝統を重んじる人々の間では、評価は別れるところです。否定的に見られてしまうと、業務を軽んじているとの印象を与えてしまいます。ところが、漢字にアルファベットやカタカナを足した名前は、既に世間ではよくあるものです。国際結婚をして生まれた子供は、必然的に漢字とカタカナを合体した名前となり違和感はありません。社名としてみたら不自然であっても、人名で実例がある以上、おふざけで付けている名前ではないと証明されます。このような社名が増えれば、非難の声は減少していきます。

「はじめ」という読みにも、佐野義泰氏が株式会社hzi芽と付けた背景が隠されています。hzi芽は、漢字にすると始めと初めの2種類の表記が可能です。始めは、初期段階を意味する単語で、企業にとっては営業開始当時のことを意味しています。何年経っても、原点を忘れずに会社を続けていくという意思が垣間見えます。初めは、新境地に進出する時点を意味する言葉です。新しいことに果敢に挑戦する、社員一同の意識が解読されます。また、漢字の芽を社名に入れることで、未来に向かって成長していく将来性が感知されます。株式会社hzi芽は、今後の成長が期待される企業です。「はじめ」が終生まで到達することを、消費者が願っています。

株式会社hzi芽では、採用募集も行っています。募集職種は、営業職、施工職人、施工管理、事務の4種類です。営業は、一般住宅や、企業へ回りリフォームの契約を取ってくるお仕事です。また、施工職人、施工管理は、現場へ出向いて、現場で働きます。事務は、企業のなかで一般事務として、契約書類の整理や、経理として働いて頂きます。どのお仕事もすべて、やりがいがあります。元気とやる気を発揮して、株式会社hzi芽で、佐野義泰氏のもとで働いてみてはいかがでしょうか。勤務地は、浜松から愛知県の東部となります。お近くにお住まいの方は一度チェックしてみても良いでしょう。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る