寺下史郎の注目度

インターネットを頻繁に利用している人であれば「寺下史郎」という名前は一度くらいは耳にした事があるかもしれません。なぜかと言えば、彼はとあるサクセスストーリーの持ち主で、そのサクセスストーリーはインターネット上を席捲したのです。寺下史郎は元々は居酒屋で店長を務めていました。それが漫画家として大成功を収めるようになったのです。それは彼がまだ居酒屋の店長として働いていた時の事、彼はtwitterのアカウントを持っていましたので、そこで気晴らしに四コマ漫画を描いていました。

特に反応が欲しいとかではなく、ストレス解消や趣味といった程度のものであって、別にそこから何かを期待していた訳ではなかったのですが、彼の四コマ漫画がとある企業の目に留まったのです。そこからは企業側からのアプローチによってとんとん拍子に話が進む事になり、寺下史郎は連載を持つ事になりました。そしてその連載が大ヒットを記録する事になり、四コマ漫画だけではなく雑誌やwebで「漫画家」として活動するようになっていったのです。つまり、彼は居酒屋の店長を辞めて漫画か一本で食べていけるようになったという事なのです。

まさにサクセスストーリーそのものですが、そういったサクセスストーリー抜きに寺下史郎の漫画はとても面白いです。居酒屋店長の経験が役立っているのか、人間の本質はどのような点にあるのかを単純でありながらズバっと切り込んでくれますのでとても面白いのです。それもあり、一躍人気漫画家への階段を駆け上っていったのです。もしもですが彼がtwitterをやっていなければまだまだ居酒屋の店長だったかもしれませんし、企業の目に留まらなければまだまだtwitterで趣味程度で漫画を描いていただけだったのかもしれません。

また、かつてであれば漫画家になりたいのであれば自分自身で出版社まで持ち込まなければなりませんでした。ですが今の時代はインターネット上に自分の作品を発表すれば、誰かが見るかもしれません。つまりはインターネット上に何かを残すという事は、自分自身の可能性を広げるための行動でもあるのです。

これから漫画家を目指したいと思っている人にとっては寺下史郎のサクセスストーリーはかなり面白いと共に、参考になる部分も多いかもしれませんが、やはりそれ相応の実力がなければならないでしょうね。仮に実力がなかったら、どれだけtwitterに何かをアップロードしても意味がないでしょうから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
  2. エス&ケイ(株)はWEBに関する知識を多く持っており、WEBについてあまり知識がない会社を助けるよう…
  3. 阿加井秀樹は現在、そろばんを習っています。子供のころに少しだけ習っておりましたが、再び、そろばんを始…
ページ上部へ戻る