世界一周旅行を実現させた井上常明

バックパッカーを経て起業し、事業に成功した人として知られているのが井上常明です。井上常明は、現在多国籍のカフェを経営しているのですが、どうしてそうなったのかについては彼の学生時代にまで遡ることになります。

そもそも井上常明は学生時代から旅行が大好きで、国内についてはほとんど制覇してしまうほどの旅行好きです。この時点でも驚きの行動力なのですが、その行動力は留まるところを知らず、国内の制覇の次は海外旅行に対しても興味を持つことになります。そして単発で海外旅行に行くのではなく、世界一周旅行を目標としました。南米のベネズエラにあるロライマ山、ここは東京タワーくらいの高さの滝があって、展望台もあるなどの絶好の観光スポットになっているのですが、こうした場所に井上常明は足を運んでいます。

そして、更なる世界一周の旅をするために、大学を出て会社員になったとき、旅行のための資金を必死で働いて集め、ついには会社を辞めてバックパッカーになるという選択をしています。バックパッカーというのは、バックパックを持って海外を格安で旅行をする人のことを言います。一般的にはビザの取得などの制約がついてくるのですが、それでも一人で旅をしたいと言う方に人にとって、バックパッカーというのは便利なものなのです。そんなバックパッカーになって、井上常明は海外での旅行を楽しみました。

ちなみに、井上常明は、この世界一周の旅行を1年で終わらせて帰国しています。自分の思い描いていたところまで海外を十分に堪能したのではないでしょうか。そして、この海外で得ることが出来た経験を元に井上常明は日本で多国籍カフェを経営しています。やはり、日本にいても海外の空気を少しでも肌で感じたいと思ったのでしょう。この多国籍カフェには、本当にたくさんの国の人が訪れて、毎日賑わっています。

会社を辞めて、バックパッカーになって、帰ってきたら起業と、正にやりたいことを現実にしてしまうと言える井上常明ですが、こうした経験を活かした本を出版しないかと言われているくらいなのです。本を出すということは、すなわち成功していることの証明と言えるでしょう。これは本当に素晴らしいことだと思います。

社会的に見ると会社を辞めてから1年のドロップアウトといえるかもしれませんが。その1年間に得られた経験は今後の井上常明の人生においてかけがえのないものなると思います。これは自分の思った通りにやったことに対してついてきた結果と言えます。今後、井上常明が現在の多国籍カフェの経営以外にも事業を展開するなど、これまでの実績から考えても今後も大きな活躍を期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)はWEBに関する知識を多く持っており、WEBについてあまり知識がない会社を助けるよう…
  2. 阿加井秀樹は現在、そろばんを習っています。子供のころに少しだけ習っておりましたが、再び、そろばんを始…
  3. ビス1本まで輝きを求める徹底ぶりを見せるのが、おそうじ革命 高崎店です。ハウスクリーニング 高崎にお…
ページ上部へ戻る