一流の手腕を持つ弁護士原田浩太郎

原田浩太郎は弱者を守るために活動している弁護士として地域住民はもちろん、多くの方から信頼されています。彼は某大学の法学部を卒業したのち、大学院に進み研究者になりたかったようですが、まず既に彼の両親が定年まで遠くなかったこと、経済的な余裕がないことなどが原因で大学院進学を諦めてしまいました。

■幼い頃から勉強するのが大好き

原田浩太郎は幼い頃から勉強するのが大好きという少年でした。もちろん、勉強が好きというくらいですから学校でのテストはいつも満点かそれに近い点数で、中学時代は殆どオール5という好成績を残していたのです。
大学は自宅から近いという理由で選んだのですが、そこの法学部へも一発で合格しました。彼は周囲にも勉強をするのが好き、勉強していると落ち着くと語っていたことから一種変わり者のように言われてもいましたが、なんせ成績が良いですから陰口をたたかれるというようなことはなかったようです。

■三年時に単位をすべて習得

原田浩太郎は大学在籍中、三年生の時に卒業に必要となる単位をすべて取得しています。つまり、四年生に上がるまえに既に卒業できることが決定していたのです。
また、そんな彼ですが勉強以外にもいくつか趣味があり、時にはライブハウスに出かけたり絵画教室に通ったりもしていたのですが、それでも彼は好成績をキープし続けました。まさに勉強するために生まれてきたような人間、と言っても過言ではないでしょう。

■弁護士として活躍

原田浩太郎は現在弁護士として活躍していますが、彼は案件の大きい小さい関係なく様々な案件に関わっています。また、経済的に余裕がない方の依頼なども積極的に受け入れていますし、弁護費用の支払いについても非常に柔軟な対応を取っています。
彼の弁護士としての手腕も見事なもので、敗訴間違いなしと言われていた裁判をあっさり逆転してみたり、有罪がほぼ決まっていた人間を無罪にしたりと縦横無尽の活躍を見せています。そんな見事な手腕ですから、彼の元には大企業からも顧問を依頼してくることが多いのですが、彼はどんな好条件を示されてもそれを理由に引き受けることはありません。

原田浩太郎は人間としても素晴らしい人格者ですし、弁護士としても超一流の手腕を持っていると言えるでしょう。法曹界では既に知られた存在ですし、裁判であいまみえることになる検事の中には彼を極端に恐れているような方もいると言われているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. マンションやアパート経営は、入居者を集めたり日頃の運営管理をしたりするなどと、行う業務が多く、労力が…
  2. 近年、企業の職務における役割に、感情を重視する傾向が高まっています。アメリカの心理学者、ポール・エク…
  3. デジタルデータソリューションとは?デジタルデータソリューションは、東京・銀座に本社を置くデータ復旧を…
ページ上部へ戻る