牧野奏子が考える美容ライターという仕事

牧野奏子は現在フリーの美容関連のライターとして仕事をしています。もともと慶應義塾大学の文学部を卒業していることもあって、文章を書くことに興味があり、得意でもありました。慶應大学時代には出版業界に興味があり雑誌記者を目指したこともありましたが、就職はうまくいきませんでした。このため、慶應を卒業した直後は大手化粧品会社に就職しました。慶應を卒業後大手化粧品会社に就職し、そこで化粧品や美容についての知識を身に着けた牧野奏子は、その後美容ライターに転身します。同じ慶應義塾大学の卒業生でライターの仕事を行っている友人がいて、彼女の紹介が大きなきっかけとなりました。いま牧野奏子は、主に女性向けファッション雑誌などのビューティページのための記事を執筆しています。

牧野奏子は雑誌のほかにもWEB向けの記事制作も手掛けています。彼女がいろいろな媒体に記事提供するにあたって実感するのは、その原稿料の違いについてです。雑誌などの紙媒体の場合、報酬はページ単価で決められることが多いです。紙媒体の場合は取材や調査などに費やされる時間が多く、文字数の多い少ないだけでは仕事の価値を判断できません。そのため作成したページ当たりいくらということで算出されます。一方WEBライターの場合、1文字当たりいくらというシステムを取っているところが多いです。紙媒体と違い掲載スペースに厳密な制限のないWEBライターの場合、より多くの文字数、ボリュームのある記事の方が報酬も大きくなる傾向があります。

牧野奏子はフリーランスの強みとして、いろいろな仕事にチャレンジできるところだと思っています。女性雑誌向けに最新の美容関係の執筆活動を行っていますし、そのほかにもスキンケアや化粧品マーケティング分野でも活躍をしていて、フィールドを広げつつあります。今後は講演会を行ったり、自分のサロンを持ったりとライターにとらわれない活動も視野に入れています。さらにできればコスメのプロデュースにも挑戦してみたいと考えています。いろいろなアプローチで美容に関する情報を発信して、そのことでできるだけ多くの女性を輝かせて行きたいと考えているのです。

牧野奏子は失敗を恐れないように心がけています。もし失敗を恐れてしまうと、どうしても判断が鈍ってしまうからです。その結果、なかなか先に進むことができません。もちろん行動を起こして失敗することもあり得ますが、判断や行動が遅れてしまうよりはいいと考えているようです。彼女は今までの経験の中でそれを実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ビス1本まで輝きを求める徹底ぶりを見せるのが、おそうじ革命 高崎店です。ハウスクリーニング 高崎にお…
  2. オリジナルアプリなら、DreamCube(ドリームキューブ)へ。店舗アプリの作成や管理を行っています…
  3. 川口 美容院「オカフリースタイル」をご存知でしょうか? こちらは地域の方に愛される地域密着型の美容室…
ページ上部へ戻る