染谷修氏の果たす目標

土木や建築で、目覚ましい業績を残してきた染谷修氏は偉大な目標を掲げて株式会社修和を経営しています。建築業界は、他の職種よりも風当たりが強くマスコミュニケーションの監視にしばしば悩まされます。一度、欠陥住宅を建ててしまえば批判を浴びてしまうのは工事に関わった企業です。以前、国民を震撼させたトラブルが発生したのはまだ記憶に新しいですが、染谷修氏が進めてきた事業にそのような下世話ごとは一切関係がありません。むしろ、建築業が打撃を被った時に営業妨害をされた立場に該当します。 しかし、外部からの批判に屈せず己の正当な道を貫いた染谷修氏の活動は一時の衰退期を脱出して、安定した事業に変化しています。

株式会社修和は、地方の一般建築企業の一部に過ぎません。普通であれば、他の業者に埋もれてしまってもおかしくないのです。しかし、染谷修氏の行ってきた事業のお陰で、潰れるようなことはありませんでした。何故、中規模の会社でありながら凋落することがなかったのでしょうか。それは、染谷修氏の大いなる目標があったからです。彼の過去の業績は、川口市における建築工事の中でも精密さに富んだものでした。設計図が出来上がってから施工に至るまで、ミスのない仕事が細部にまで要求されるのが建築事業です。もし、一ヶ所でも材料を取り違えるミスが発覚すれば、強度は瞬く間に落ち住民を立ち入れるには及ばない物件となります。正確な図表を描くのも勿論当然の仕事ですが、それ以上に緻密な工事を行うのが企業の根幹となる業務です。施工業者は、決められた作業計画に従って間違いのない工程で進めていきます。一流かそうでないかは、作業精度の高さで決められてきます。株式会社修和が、どちらに属するかはもう分かりますね。住民の支持、自治体からの熱望により一流クラスの仕事をしているのは客観的な事実です。

染谷修氏の目指す領域は、まだ遠い先の向こう側にあります 。現時点で、彼の達成したい目標には至っていません。染谷修氏は、川口市から全国に向けて住民と建築業者の温度差をなくそうと努力しています。この課題は、株式会社修和だけが推し進めても叶うことではありません。影響を受けた関連業者が業務を改善して、業界内に精密な作業を必然的にする風潮が生まれないと実現しません。まだ、十分とは言えないまでも染谷修氏の動きが同業者を改心させるのは遠い未来のことではありません。今後の流れに期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信はWEBに関する知識を多く持っており、WEBについてあまり知識がない会社を助けるようなサ…
  2. 阿加井秀樹は現在、そろばんを習っています。子供のころに少しだけ習っておりましたが、再び、そろばんを始…
  3. ビス1本まで輝きを求める徹底ぶりを見せるのが、おそうじ革命 高崎店です。ハウスクリーニング 高崎にお…
ページ上部へ戻る